美術 · 26日 1月 2019
伝統技術を後世に伝える難しさを実感した一日でした
22日 1月 2019
個展が無事に終わり、記事のアップが遅れてしまいましたが、 会期中の実演を通して、またより多くの方に金属の面白さを知ってもらえる事が出来ました。 会場まで足を運んでくださった皆様には本当に感謝致します。 この度も多くの人に応援して頂きました。 また次回ご期待ください!
12日 1月 2019
来週15日(火)〜20日(水)、代官山のギャラリーSpace Kで個展開催です! 日本帰国後、初の個展。 西洋で学んだ金属打ち出しの技術を使い、和のテイストを踏まえた作品展です。 お近くの方は是非お立ち寄りください! 会場: Space K 代官山 http://space-k.info/ 会期: 1月15日(火)〜20日(日) 11:00〜19:00(最終日は18:00まで) 実演をしつつ、常駐しています。
美術 · 16日 11月 2018
僕の人生の転換期に出会った偉大な師匠であるBino Bini先生の10回忌という節目に、 先生の作品展がご家族の発案で開催されました。 出会いは、先生が90歳に近づく年齢も感じさせず、彫金、彫刻のアーティストとして制作に猛進しながら、彫金教室の講師も務めていた18年前。 先生の打ち出し作品に衝撃を受け、この技術を極めたい!と思いました。...
13日 11月 2018
日本への本帰国まで1ヶ月となりました。 18年間の歳月をかけて、フィレンツェで培った技術。 金属板を真っ平らなゼロの状態から叩き上げて作る金属造形を日本の地でまた新たな形で進化させていきます。 写真は、フィレンツェ大聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)デザインのペンダント。...
11日 10月 2018
今回のローマ滞在も、友達のお陰さまでトラブルも無く過ごすことができました。 それどころか、展示会初日がちょうど彼女の誕生日に当たり、実家のパーティーに招かれて、すっかりご馳走になってしまった!...
22日 9月 2018
夏も終わりに差し掛かり、寂しさ残るこの時期恒例の中世祭りが開催。 今年のフィレンツェも暑かった~ ちょっとしたトラブルがあり作品も少数でしたが、ノルウェー人の生徒さんが実演を行い、今年も注目を浴びてました。 当然僕も中世のぼろ布を羽織り実演披露。 今回は、準備に時間を取れず即興でPesceをメインにデザイン。...
21日 8月 2018
半日使って、自然の空気を吸ってきました。 フィレンツェ自治区のVallombrosa という自然に囲まれ、数キロの散歩道をのんびり出来る場所。 聖者の石碑が点々と連なるちょっとした巡礼スポットです。 中心には大きな修道院があり、礼拝堂ではフィレンツェ出身の画家ギルランダイオの絵が見られる。...
仕事 · 23日 7月 2018
今日も新人ニッコロ君の指導を通して、作業を見せながら銀の性質を言葉で説明すると改めてその奥深さを知る。 変幻自在が故に難しく、その都度、銀板と向き合い自問自答の繰り返し、、、 変幻自在の金属は、逆を言えば叩き方を一つ間違えば歪みが生じて、簡単に意図しない方向に変形してしまう。 硬い素材ではあるけれど、すごくデリケートな素材でもある。...
作品 · 17日 7月 2018
今日は、工房前の空き地から「タンティ アウグ~リ~ア~テ~!」の歌声が響き、誰かの誕生会らしい。 この季節、野外で薄暗い電灯の下で夜風に涼みながら皆で食事を楽しむ、 楽しむ時は、年の差も忘れおいちゃん、おばちゃんも子供と一緒に思いっきりはしゃぐイタリア人。 そのはしゃぎっぷりを耳にしてるだけで愉快な気分になれる。...

さらに表示する